ならまちドニチブックスならまちドニチブックス

奈良ブックフェスタ実行委員会過去の主催イベント

2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前

2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前

2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前

2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前

2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前

2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前2016年10月1日2日平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前

2016年7月30日31日ならまちブックフェスタ@町家スペースぼたん2016年7月30日31日ならまちブックフェスタ@町家スペースぼたん

平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前の様子


野上朝生ピアノライブ with HISAE

土曜の夜、静かな時のなかで本にまつわる学びを楽しみましょう。第一回ドニチブックスサロン『読書ノートのつくり方』

奈良町の週末、静かにオトナの学びを体験するドニチブックスサロン。
その第4回目となる今回は『アイデア発想を磨くノート活用術』です。
ノートを開いてペンを持ち、課題に関する発想を拡げたり、思考を深めたり……
クリエイティブシンキングをベースに、楽しみながら発想力を養いましょう!

ファシリテータは、企業や団体で18000時間の講義実績を持つ『ならがよい』の平田幸一です。
さらに"達人"吉村典晃さんから『吉村流ノート活用術』も紹介していただきます。

プログラム内容
・ あたらしい考えを生み出すためのアイデア発想のやり方
・ ノート上で発想を拡げていくアプローチの実践
・ ツール紹介から使い方まで、達人のノウハウを公開


日  時 :2017年2月18日(土) 19:30〜21:00(受付19:15〜)
場  所 町家スペースぼたん(近鉄奈良駅より徒歩7分)→ACCESS
参加人数 :12名様(先着順)
参加費用 :1,000円(珈琲か紅茶、お菓子付き)
持 参 品 :筆記用具(ノートやペンなど)

ファシリテータ ならがよい主宰 平田幸一

土曜の夜、静かな時のなかで本にまつわる学びを楽しみましょう。第一回ドニチブックスサロン『読書ノートのつくり方』

ちょっとしたイラスト講座(表現力アップ編)illust1.jpg
奈良町の週末に出現する本屋さんプロジェクト「ならまちドニチブックス」。
その第3回目となるドニチブックスサロンは、『ちょっとしたイラスト講座(表現力アップ編)』です。
ノートやメモ、資料などに、気の効いた絵が添えられるだけで表現力がグーンと高まります。

講師は、東京で『描くonBIZ』というビジネスに視覚表現を取り入れたセミナーを開催していた『ならがよい』の平田幸一です。
(↓某企業でのセミナーオープニング動画がございます)

プログラム内容 :
簡単な記号からイラストへ広げる方法
・ 自分や相手に伝わる視覚効果の具体例
・ 紙とスマホを使ったイラスト作成ツールの紹介

ファシリテータ ならがよい主宰 平田幸一

▼講義に先立ち、学ぶ姿勢をイラストで描き表します。いわゆるツカミの部分。


▼昔はこんな漫画を描いて、視覚化の手法を発信しておりました
15327768_1440336909317351_1187807999_n.jpg15320384_1440336905984018_530813778_n.jpg15403016_1440336902650685_2055227806_n.jpg

土曜の夜、静かな時のなかで本にまつわる学びを楽しみましょう。第一回ドニチブックスサロン『読書ノートのつくり方』

『2017年の読書スタイルをデザインする』20161203.jpeg
奈良町の週末に出現する本屋さんプロジェクト『ならまちドニチブックス』。
その第2回目となるドニチブックスサロンは、『2017年の読書スタイルをデザインする』です。
来年の目標を設定し、その達成に向けて役に立つ本を見つけていく……静かな時間の中で、読書を通した未来の自分をデザインします。
セルフマネジメントにかかせないバックキャスティング手法を用いたワークシートが、自らの読書スタイルを導き出してくれます。

講師は、企業研修で18000時間の講義実績のある『ならがよい』の平田幸一です。
イラストを駆使した独自の表現方法を通して、目標設定とその達成への本の活用が学べます。

プログラム内容 :
・ バックキャスティング手法を使って、来年の目標を設定
来年のゴールイメージに役立つ書籍の選定
みんなの読書スタイルをシェア など
オリジナルのワークシートを使ってデザインします

ファシリテータ ならがよい主宰 平田幸一

土曜の夜、静かな時のなかで本にまつわる学びを楽しみましょう。第一回ドニチブックスサロン『読書ノートのつくり方』

『読書ノートのつくり方』notetukuri.jpg
本を読んだら、自分らしく何かに残しておきたいもの…。
そんな想いを満たすには、読書ノートは最適アイテムです。
講師は、500日連続で『一日一奈良』という読書ノートを綴り、モレスキンのファンサイトに2度取り上げられた『ならがよい』の平田幸一です。
イラストを駆使した独自の表現方法を通して、本を読むポイントやノートの使い方を楽しみながら学べます。


プログラム内容 :
 ・ 読書スタイルに合わせたノートの種類と使い方
 ・ 本をノートへ落とし込むポイントと表現方法
 ・ 読書をより楽しくするアイデアや工夫
 ・ みんなの読書ノート拝見 など

ファシリテータ ならがよい主宰 平田幸一


▼ファシリテーター平田が作成した学習ノート『一日一奈良』の一部。
モレスキン・スクエアードのPocket使用。こんなのが500ページございます…。

ファシリテーター平田が作成した学習ノート『一日一奈良』の一部。

平城宮跡ブックフェスタ@第一次大極殿前の様子

本とのときめく出逢いを古都奈良から

賑わうブックフェスタメインストリート

イベント案内看板

heizyoukusekibf1.jpg紙芝居を楽しむ大人と子供

heizyoukusekibf4.jpgイベント案内看板

heizyoukusekibf5.jpg満席のイベント会場

ならまちブックフェスタ@町家スペースぼたんの様子

bookfesta_main.jpg本と出逢い、本を愉しみ、本と過ごせる心地よい場

書籍展示エリアで談笑する人々

書籍展示エリアで本を読む人々

小説を読む着物の女性

中庭を眺めている男女

書籍展示エリアで本を眺める男性

こだわりの大和冷茶

contents_border_ft.png

お問合わせ
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お電話の際は「ドニチブックスの件で問い合わせしました」とお伝えいただくとスムーズです。

0742-93-4978(10時〜17時町家スペースぼたん)
お問合わせフォームお問合わせフォーム